ノルウェーのクリスマス Norsk jul

ブログのタイトルも内容も、日本語とノルウェー語併記にするか英語併記にするかいつも気まぐれです。

もうすぐクリスマス。今年のベルゲンは気温が思いの外下がり、11月にして雪が積もったり、氷点下だったりと珍しい天候です。街はいよいよクリスマスへ向けて本格的にイルミネーションやデコレーションが始まりました。といっても、日本と比べたらすごく地味です。イルミネーションはカラーではなく、シンプルな電飾がつけられるだけ。街の中心の何箇所かに大きなクリスマスツリーを配置したり、お店のショーウィンドウにはクリスマスらしい雰囲気のデコレーションが並んでいますが、ナチュラルカラーと雪の白を基調としたシンプルなものが主流です。

 

有名インテリアショップ、イルムスのショーウィンドウ。地味ですが品があり、しっとりしたクリスマスの雰囲気が素敵です。

 

 

ブリッゲンの中では毎年、週末になるとクリスマスマーケットが開かれ、個人のアーティスト達が主に店を出しています。これとは別に今年は大きなクリスマスマーケットが広場に出るらしいのですが、日本で信じられているほど、クリスマスマーケットはこちらは盛大ではありません。なんでも、今年できるマーケットもドイツに視察してきて開催することになったくらいで、どういうマーケットが出るのか楽しみです。

 

 

アドベントになると、紫色を基調としたキャンドルが多く使われ、クリスマスには赤になるのですが、お花屋さんではこの季節、クリスマスローズなど白いお花をよく扱っています。そして、街に毎年配置される大きなクリスマスツリー。これが出ると、やはりクリスマスらしくなります。

追記:クリスマスマーケットが広場に出ました。お馴染みのジンジャークッキーpepperkakeで作った街(写真以下)のミニ展示や、ローカルフードのお店、個人のアーティストのお店などがテントに並んでいます。出かけた日が嵐だったため、全体写真は撮れませんでした。

 

ベルゲン Bergen

 

ベルゲンはノルウェーで2番目に大きな街で人口はおよそ27万8000人です。街の中心には有名な世界遺産のブリッゲン地区(写真右)があり、ここは14-18世紀にかけて、ドイツ人商人たちがハンザ商館を構えたことで知られ、世界中から観光客が訪れます。欧米からの観光客はクルーズ船で訪れることも多く(写真左)、半日や1-2日街に滞在して観光を楽しまれる人が多いです。

北海に面しているベルゲン、北緯はおよそ60度ですが、海流の影響で(北大西洋海流)夏は雨が多く、冬も温暖な気候が特徴です。私としては冬場、雪が見られないのがとても寂しく感じていますが、過ごしやすい冬とも言えると思います。一年を通じて雨が多く、2016年は降雨日数が191日だったそうです。

街にある世界遺産に加えて、西ノルウェーを代表する美しい自然、フィヨルド地方への玄関口としてもよく知られ、Norway in a Nutshellと称してオスローベルゲン間を列車、バス、船を利用して回る観光ルートが有名です。

一方で、街の中をゆっくり散策すると、18-19世紀から立ってる古い民家や路地裏を散歩するのが楽しく(写真左)、ちょっと疲れたらカフェで一服。そんな旅が楽しめるのがベルゲンです。

ヨーロッパでは、ベルゲンはカルチャーの街としても知られているようです。世界一古いオーケストラ、ベルゲンフィルがあり、秋から春にかけて毎週のように定期演奏会を行っています。歴史的には有名な作曲家エドヴァルド・グリーグ、その叔父に当たるオーレ・ブルもまたベルゲン出身で、郊外にはそれぞれの邸宅が建っていて有名な観光スポットとなっています。一方、クラシック以外の音楽アートシーンでもジャズやコンテンポラリーダンスなどがアクティブに活動を行っています。街の中心には美術館やギャラリーも多く、こじんまりとした街ですが、アートの占める割合が多く、文化的に豊かな街です。

ハーディングフェーレを弾く人は、(展示がえやメンテナンス時以外は)ベルゲン博物館にヨスタフェーレがあります。これは一見をオススメします。

もうすぐ冬 The Winter is coming soon…

 

昨日はとても寒かったようで、いつも雨ばかりのベルゲンにもみぞれが降り、山の方はうっすら白くなりました。2週間前に冬時間になり、随分と夜が長くなって来たもののまだアドベントまで少し時間があります。それでも、スーパーに行くと、クリスマスのお菓子やら、雑貨店にもクリスマスの小物類、プレゼントのラッピング用品などが並び始めました。少し時期は早いけど、こういうのがあるからこの時期、楽しい気分になれます。

コンサートのご案内 Concert on 7.jan.2018

20180107timeblue

久々に大阪でコンサートです。来年1月7日天六のTime Blueというスタジオ兼ギャラリーのイベントスペースです。全体的にソロがメインで、休憩含めて全体で2時間くらいの予定をしています。途中で、ゲストとしてニッケルハルパの本田倫子さんも登場します。fissとして活動していたのが10年前です。本気で信じられません。久々にスウェーデンの曲も少しご一緒する予定です。まだプログラムは未定ですがソロの部の方はだいたい決まって来ています。2010年にノルウェーに来て、最初の頃に教わった思い出深いVossの曲、修士のテーマになったKnut Dahle関連の曲、そして2010年いやもっと前から思い入れのあるTelemarkの曲が中心となります。

コンサートにお越し下さる方は、このブログのメール、もしくはnyckelharpa@folkishproject.comまでご予約をお願いいたします。前売りが2800円、当日は3000円です。

Jeg skal spille på en konsert i Osaka i januar 2018. En 2-timers konsert inkl. pause. Michiko Honda og jeg pleide å spille sammen som “fiss” og det var faktisk for 10 år siden! Dette er helt utrolig. Vi skal spille sammen på noen låter. Elles på de fleste slåttene skal jeg spille solo. Programmet er ikke fastsatt ennå, men jeg tenker å ta noen slåtter fra Voss, noen Knut Dahle slåtter og mine favoritt slåtter fra Telemark. Jeg gleder meg til konserten!

I will have a hardingfele concert in Osaka in January 2018. This will be mainly a solo concert. Michiko and I used to play together as “fiss”, and it’s already for 10 years ago. At this concert, we will play together on a few tunes. I’m planning the program now. I will probably have some tunes from Voss, some Knut Dahle tunes and my favorite tunes from Telemark. I’m looking forward to the concert!

Booking; nyckelharpa@folkishproject.com

 

色づき始めました Autumn colors

いよいよ黄葉の季節です。今年のものではありませんが、今まで撮ったこの時期の写真をいくつかピックアップ。

These pictures are not from Bergen. I have taken the pictures every year in this season because colors are so beautiful. These are the pictures which I have taken in this season in Norway from various places.

りんごの季節 Apples!

10月に入り幼稚園、小学校から大学までの教育機関では「秋休み」をとる季節になりました。ノルウェーでは、この時期、一週間だけ学校が休みになります。日本でも運動会とか遠足とかの時期ですね。

そして、秋といえば、りんごです。

私のすむホルダラン県Hordalandは、りんご、プラムなどフルーツの産地でもあります。以前、ヴォスに住んでいた頃には庭にりんごの木があり、9月頃からどんどん収穫してジャムを作りました。先日スーパーに行くと、特設コーナーにりんごがたくさんあったので2kgほど買ってきて、ジャムにしました。私は毎朝、シリアルを食べるのですが、そのシリアルにこのジャムを加えていただきます。たくさんできたので今日はりんごパイも焼きました。やはり秋は食べ物が美味しくて楽しみが多いです。

apples

りんごジャムのレシピは特に凝ったものではありません。りんごを一口大に切って、水と砂糖を加えて30-40分ほど煮て、シナモンとレモン汁を足して作ります。私はこのりんごのジャムがお気に入りですが、ノルウェー人の多くは、もう少し前の夏の時期に、庭先や山で取れるベリー類を大量に収穫してジャムを作り、次の年まで持つように真空保存にするようです。私はベリーの方は、もっぱらハイキングの時の食べ歩きです(笑)

apple cake

 

Apples, apples, apples!! It’s an apple season in Norway. When lived in Voss, there was an apple tree near the place I lived. I used to pick up the apples as much as I could, and cooked apple jam. For a week ago, I found the apples from a local farm at the supermarket, so I bought 2 kg of them and made apple jam. I like autumn. There are lots of delicious foods.

UCI自転車W杯 Sykkel VM Bergen i 2017

ここで少し休憩して、他の話題に。

私の住む街ベルゲンでは、今、自転車競技のW杯が開催されていて、大変賑わっています。9月16日〜24日の9日間、街の主要な道路を使用しての大会で全世界から延べ500,000人が参加、日本からも12名の選手が参加している模様です。大会も大瀬めを迎えるこの週末の様子を少し書いておこうと思います。

まず、本日のプログラムは男子ジュニア部門と女子プロ選手部門の合同スタート競技。全員一斉にスタートし、街の中の比較的短いコースを8周します。コースにはアップダウンもかなりあり、述べ走行距離158km、時間にすると4時間の競技になります。相当ハード。

そして、これが本日のルート

夕方の女子プロ選手部門の時に、街に見に行きました。

 

ちょうど、カーブを入ってきたところを写真に収めることができましたが、このカーブ、魚市場からきている坂道で、向かいに大きなサーモンの張りぼてがあるので(ちなみにこれは観客向けにサーモンを使用したレシピ紹介と試食のできるブースでした)通称「サーモンカーブ」と呼ばれているらしい(笑)

結果は一位がオランダの選手で4時間6分台。30秒遅れて、オーストリアの選手がゴールしました。日本の選手も50位に入っています。