嬉しいニュース!

2月は悲しい出来事の後、風邪をひいたり、なんだか重苦しい気分のまま終盤を迎えた先日の日曜日、嬉しいニュースがあり、一気にテンションが上がりました。 今週の日曜、2月25日、ノルウェーでは昨年一年間 (2017年)に発表された音楽作品(CD)の中からそれぞれの分野でのベストアルバムを選ぶ、スペルマン賞が発表されました。その中で、私が個人的に大変お世話になったり、音楽をする上でとても影響を受けている方が2組も受賞したのです。 まず、フォーク、伝統音楽の分野では、アンネ・ヒッタ Anne HyttaのストリームールStrimurという作品が選ばれました。Strimurというのは、テレマルクの言葉で「日差し」とか「明かり」を意味します。その通り、テレマルクの伝統曲を収録したハーディングフェーレのソロアルバムです。彼女は間違いなく、私がこれまでに一番影響を受けたプレーヤーの一人です。これまでのレッスンの中で教わった曲も、それから数年たった今、彼女らしい解釈でさらに発展を遂げているもの、また、有名曲で今まで何度も聞いた事がある曲でも彼女の解釈を通して、瑞々しく昇華されているもの、それらがまた、彼女らしい順番でアルバムとして整理され、提示されている様子。伝統曲を扱いながらもどこにもかしこにもAnne Hyttaスタイルが満載で、独善的ではなくすっきりとその理由づけが見える素晴らしい作品です。 この作品は、昨年、フォークミュージックフェスティバルであるFolkelarmでもベストソロアルバムとして受賞したものです。ある意味特殊で狭い分野の中だけでなく、スペルマン賞のような一般に開かれた場でも大きく評価されました。 そして、オープンクラスでは、ニルス・エクランド バンド Nils Økland BandのリスニングLysningというアルバムが選ばれました。 Nils Øklandといえば、ハーディングフェーレを用いながらも常に新しい表現を探り、実験的であったり即興的な作品を発表し続けるプレーヤーです。ともすると、画一的な理想を追求してしまいがちな伝統音楽という分野にありながら、自由な発想を提示し続ける姿が魅力です。「音色の探求」というのがこの方の音楽の一つのキーワードになると言われています。決して、単に綺麗なだけではなく、時にはタブーとされるような音も臆する事なく出していく、という姿勢。とはいえ、いつ聴いてもその音楽は美しく、甘ったるくはないけどロマンチックで、何かいつも救いがあるような、そういう世界観があります。音楽に限らず日々の生活の中で、「いかに無駄のない〇〇をしようか」とか「完璧でない〇〇はいやだ」とか、何かしら自分で設定しているルールに知らず知らず縛られているという状況。「実験音楽ではその場に起こっていることはそれが全てそれで良いと考える。例えば、ハーモニーが最悪だったとか、音色が汚かったとか、曲の終わりがうまくいかなかったとか。でも、それはそれでOK」というような事を、かつて即興を少し始めようとした時に、Nilsと長年演奏しているSigbjørn Apelandが話していたのを、ことあるごとによく思い出します。 ちょうど、スペルマン賞発表の前日、ベルゲンでこのバンドのコンサートがありました。Nilsのコンサートを聴くのは2年ぶり。美しいところあり、ハードなところあり、バンドのチームワーク抜群のとても良いコンサートで、この日も何処と無くいつもの幸福感がありました。 というわけで、これらの受賞が心から嬉しく、停滞気味な生活に少し活気が戻ってきた今日この頃です。 因みに、スペルマンspelemann/ spillemann/ spellemannとは演奏家とかいう意味ですが、伝統音楽の分野では、ダンスの伴奏に弾いたりする場面で、特に、ハーディングフェーレやフェーレの演奏家に対して日常的に使われる言葉です。現代的には「音楽家」という意味のmusikerも使われますが、伝統音楽ではスペルマンの方が圧倒的によく使われる表現です。

悲しい出来事

つい先日2月4日の日曜日、私がヴォスにいた頃に大変お世話になったLeif Ryggという奏者がお亡くなりになりました。まだ70代半ばとまだまだお元気であってもおかしくない年齢でした。数年前より闘病中との話があり、周囲も覚悟はしていたものの、やはりその存在があまりに大きかっただけにとてもショックです。最後にお会いしたのは去年の10月、今年も機会があればお訪ねできたらいいなあと思っていたところでした。 私が2010年にヴォスのオレブルアカデミーを始めた頃、顔を出した地元のスペレマンスラーグではいつも大きなお父さんのような存在で、曲のわからないところはLeifに聞こう、のような、具体的な指導だけに止まらず、常にその場の空気を明るく和ませるユーモアに溢れ、周囲にはいつも笑いが絶えませんでした。いつも美しさに溢れ、独特の繊細で明るい音色と活発でリズミカルな音楽は、私にとってはヴォスそのものでした。地元での存在の大きさに止まらず、多くのプレーヤーにユーモアと音楽を届けた事がよく知られています。ノルウェーの民俗音楽にとって、かけがえのない存在でした。 http://www.folkemusikk.no/leif-rygg-til-minne/ https://www.youtube.com/watch?v=l0FyIypyvtg

再びノルウェーへ

  すっかり更新が遅れてしまいましたが、1月7日は多くの方が来てくださり、本当にありがとうございました。当日は慌ただしく、会場の写真すら撮れませんでしたが、民家を改修した夢の溢れる空間で演奏させていただきました。大学時代からの友人、北欧音楽好きの方、実際に演奏される方まで、懐かしい再会も多く、楽しい時間でした。 そしてまた、ノルウェーに戻ってきました。今年は気温が例年よりも低いようで、帰ってきた日はベルゲンでは珍しく雪、それから数日間降り続けましたが、今では毎日0度程度です。山の上には冬らしく雪がずっと残っています。予々、ベルゲンの冬は雪がなくて風情がないと不満でしたが、今年はうっすらと冬を感じる毎日です。  

Happy New Year!

2018年明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって良い年になりますように。 年末12月20日から大阪に帰省しています。飛行機からの景色。   2018年は大阪天六のスタジオギャラリー、Timeblueでのライブから開始します。残席ごくごく僅少となりました。お越し下さる皆様に再会できますことを楽しみにしています。 本年もどうぞよろしくお願いいたします!

ノルウェーのクリスマス Norsk jul

ブログのタイトルも内容も、日本語とノルウェー語併記にするか英語併記にするかいつも気まぐれです。 もうすぐクリスマス。今年のベルゲンは気温が思いの外下がり、11月にして雪が積もったり、氷点下だったりと珍しい天候です。街はいよいよクリスマスへ向けて本格的にイルミネーションやデコレーションが始まりました。といっても、日本と比べたらすごく地味です。イルミネーションはカラーではなく、シンプルな電飾がつけられるだけ。街の中心の何箇所かに大きなクリスマスツリーを配置したり、お店のショーウィンドウにはクリスマスらしい雰囲気のデコレーションが並んでいますが、ナチュラルカラーと雪の白を基調としたシンプルなものが主流です。   有名インテリアショップ、イルムスのショーウィンドウ。地味ですが品があり、しっとりしたクリスマスの雰囲気が素敵です。     ブリッゲンの中では毎年、週末になるとクリスマスマーケットが開かれ、個人のアーティスト達が主に店を出しています。これとは別に今年は大きなクリスマスマーケットが広場に出るらしいのですが、日本で信じられているほど、クリスマスマーケットはこちらは盛大ではありません。なんでも、今年できるマーケットもドイツに視察してきて開催することになったくらいで、どういうマーケットが出るのか楽しみです。     アドベントになると、紫色を基調としたキャンドルが多く使われ、クリスマスには赤になるのですが、お花屋さんではこの季節、クリスマスローズなど白いお花をよく扱っています。そして、街に毎年配置される大きなクリスマスツリー。これが出ると、やはりクリスマスらしくなります。 追記:クリスマスマーケットが広場に出ました。お馴染みのジンジャークッキーpepperkakeで作った街(写真以下)のミニ展示や、ローカルフードのお店、個人のアーティストのお店などがテントに並んでいます。出かけた日が嵐だったため、全体写真は撮れませんでした。  

ベルゲン Bergen

  ベルゲンはノルウェーで2番目に大きな街で人口はおよそ27万8000人です。街の中心には有名な世界遺産のブリッゲン地区(写真右)があり、ここは14-18世紀にかけて、ドイツ人商人たちがハンザ商館を構えたことで知られ、世界中から観光客が訪れます。欧米からの観光客はクルーズ船で訪れることも多く(写真左)、半日や1-2日街に滞在して観光を楽しまれる人が多いです。 北海に面しているベルゲン、北緯はおよそ60度ですが、海流の影響で(北大西洋海流)夏は雨が多く、冬も温暖な気候が特徴です。私としては冬場、雪が見られないのがとても寂しく感じていますが、過ごしやすい冬とも言えると思います。一年を通じて雨が多く、2016年は降雨日数が191日だったそうです。 街にある世界遺産に加えて、西ノルウェーを代表する美しい自然、フィヨルド地方への玄関口としてもよく知られ、Norway in a Nutshellと称してオスローベルゲン間を列車、バス、船を利用して回る観光ルートが有名です。 一方で、街の中をゆっくり散策すると、18-19世紀から立ってる古い民家や路地裏を散歩するのが楽しく(写真左)、ちょっと疲れたらカフェで一服。そんな旅が楽しめるのがベルゲンです。 ヨーロッパでは、ベルゲンはカルチャーの街としても知られているようです。世界一古いオーケストラ、ベルゲンフィルがあり、秋から春にかけて毎週のように定期演奏会を行っています。歴史的には有名な作曲家エドヴァルド・グリーグ、その叔父に当たるオーレ・ブルもまたベルゲン出身で、郊外にはそれぞれの邸宅が建っていて有名な観光スポットとなっています。一方、クラシック以外の音楽アートシーンでもジャズやコンテンポラリーダンスなどがアクティブに活動を行っています。街の中心には美術館やギャラリーも多く、こじんまりとした街ですが、アートの占める割合が多く、文化的に豊かな街です。 ハーディングフェーレを弾く人は、(展示がえやメンテナンス時以外は)ベルゲン博物館にヨスタフェーレがあります。これは一見をオススメします。

もうすぐ冬 The Winter is coming soon…

  昨日はとても寒かったようで、いつも雨ばかりのベルゲンにもみぞれが降り、山の方はうっすら白くなりました。2週間前に冬時間になり、随分と夜が長くなって来たもののまだアドベントまで少し時間があります。それでも、スーパーに行くと、クリスマスのお菓子やら、雑貨店にもクリスマスの小物類、プレゼントのラッピング用品などが並び始めました。少し時期は早いけど、こういうのがあるからこの時期、楽しい気分になれます。