作者 About the Auther

Satoko_web2

樫原聡子  Satoko Katagihara

17世紀からノルウェーに伝わる伝統楽器、日本では数少ないハーディングフェーレhardingfele奏者。2001年よりノルウェーに通い、奏法・音楽スタイル・理論を学ぶ。ノルウェーでも数少ない民俗音楽教育機関であるオーレ・ブル・アカデミー Ole Bull Akademiet(学士)、ノルウェー南東大学Universitetet i Sørøst-Norgeの伝統音楽コース(修士)で学び、2017年日本人として初めて学士号、修士号を取得。2007年グリーグ没後100年記念コンサート、2008年Geir Tveitt生誕100年記念コンサートではノルウェーから来日した音楽家と共に公演。ノルウェー留学中の2014年から2016年には3シーズン、西ノルウェー、ヴォスVossの歴史的な建物Finnesloftetにてサマーコンサートを行う。2018年秋帰阪。現在はハーディングフェーレソロ演奏を軸に、他の楽器とのアンサンブルで演奏活動を行っている。これまで学んだ奏者の中でもPer Åsmund Omholt、Anne Hytta、 Håkon Høgemo、 Leif Rygg、Ottar Kåsaからは大きく影響をうける。日本・ノルウェー音楽家協会、ノルウェー民俗音楽学会各会員。

Satoko Katagihara er musiker som spiller hardingfele. Hun har studert tradisjonsmusikk både ved Ole Bull Akademiet og Høgskolen i Sørøst-Norge, og er konsentrert seg i å spille repertoaret fra Telemark. I 2017 fikk hun mastergrad i tradisjonsmusikk ved Høgskolen i Sørøst-Norge. Hun har studert blant andre med Anne Hytta, Håkon Høgemo, Leif Rygg, Ottar Kåsa og Per Åsmund Omholt.

I am a Hardanger fiddle player. I have studied at Ole Bull Academy in Voss and got the master’s degree in traditional culture at University in South-East Norway at Rauland in Telemark in 2017. In the summers of 2014-16, I performed solo / duo concerts at the historical building from medieval time, “Finnesloft” in Voss.​​ Autumn 2018, I returned to Osaka in Japan, where I mostly give concerts and lectures. I have studied mainly with Anne Hytta, Håkon Høgemo, Leif Rygg, Ottar Kåsa and Per Åsmund Omholt.