円を描くように Like drawing a circle

  今年の夏は作曲家グリーグの家トロールハウゲンで仕事をしています。以前にも書きましたが、グリーグはノルウェーの民謡のメロディーを自身の作品に使っています。晩年の作品Op.72ではKnut Dahleのレパートリーがピアノ曲になりました。 私はハーディングフェーレを始める前からグリーグのOp.72について調べていました。これまで何度もそこからのレパートリーを演奏する機会があったにも関わらず、私は案外、グリーグのことを知りませんでした。少しづつ、グリーグと民俗音楽家との関わり、どんなレパートリーを使ったのか、また、その素材となっている曲の”現在”などを調べ始めるととても面白く、まだまだ興味はつきません。それに加えて、グリーグのハーモニーの付け方は、全く古臭くなく洒落ていて、改めてグリーグを聞き直し、見直す機会となりました。 というわけで、何年も経ってからまたグリーグに立ち返っています。5月から9月の毎日、トロールハウゲンではピアノコンサートを行なっています。昨日のピアニストは、グリーグのライフワークとも言える叙情小品集の最初の作品アリエッタ(op.12)と最後の作品、余韻(op.71)を取り上げ「まるで円を描くように仕上げた」と紹介しました。(グリーグは34年かけて、10集66曲に及ぶピアノ小曲集「叙情小品集」を発表した)34年の年月を経て、最初と最後に同じモチーフを扱いながら、別の趣の2曲を作曲したのです。私もまた円を描くように、以前と同じ作品を別の知識と観点で見直して行きたいと思います。 明日はトロールハウゲンのスペシャルセッション「My Favorite」でクヌート・ダーレKnut Dahleについて語ります。面白いのは、急ぎ足の観光客もいれば、のんびりと時間を過ごして行かれる人もいることです。話好きの各国語ガイドが夏のシーズン中は常時待機しています。ベルゲンにお越しの際には、ぜひ、トロールハウゲンに足を伸ばしてください。 I'm working at Troldhaugen, the home for Edvard and Nina Grieg, in this summer. I have been interested in Grieg's op.72 slåtter, even before I started playing the hardingfele by myself. But I think, I was not so keen to learn about Edvard Grieg's life and music …

Continue reading 円を描くように Like drawing a circle