静寂の音 コンサートのお知らせ

ノルウェーの生活の中で、最も印象的だったのは、静寂の音だったかもしれません。私は、大都会の真ん中とまではいきませんが、大阪の郊外で生まれ育ちました。人々の行き交う音、大きなBGMの交錯する商店街とはすぐ近くという環境にあまりにも慣れていました。 私はノルウェーはテレマルクのラウランドというところで民俗音楽を学びました。今でこそ、冬になるとスキー場目がけてオスロなどの街から観光客がやってくるリゾート地として賑わっていますが、当時はまだそれほど人も多くなく、夕方4時になると真っ暗になる中、外灯のない道を懐中電灯翳して学校から家へ帰ったのをよく覚えています。スキーリゾートらしく、冬はよく雪が積もるので、雪が音を吸うせいか、独特の音世界になります。ああ、静かっていうのはこういうことなんだと実感したものです。 そういった音世界がノルウェーにはあちこちにあります。そして好まれる音楽も、楚々としていて、シンプルながらも暖かみのあるものが多い、独特のサウンドです。そんな音楽を届けるアーティスト、マリヤ・モッテンソンとフローデ・フェルハイムが来日するという話を伺い、コンサートの冒頭に僅かですが参加させていただくことになりました。マリヤとフローデのノルウェーサウンドを聴きに、是非お運びくださいますようご案内いたします。私も、私なりのノルウェーサウンドを届けられますよう、準備したいと思っております。 <静寂の音 -Quietness-> ヨイク・ナイト Joik Night  静寂 と 音楽、相反することば。 「日本は音に溢れているね」 深い森や大草原で生まれ育った、演奏家たちの言葉がずっと心に残っていた。 日本で、森が自然好き! であっても彼らの知る 森や草原の静寂とは全く別ものだと思う。 人と会うことすら少ない環境で生まれた音楽。 届ける対象は、周りの木々や湖、そして自分自身であった。 都会に居ながら、彼らが生まれ育った音楽に身を寄せてみたい。 そんな想いを届ける 「静寂の音 -Quietness-」 シリーズ 大阪 [能楽堂] 公演 日にち 2018年11月30日(金) 時間 Open 18:30 / Start 19:00 会場 山本能楽堂 大阪市中央区徳井町1丁目3-6 出演 マリヤ・モッテンソン (ヨイク) フローデ・フェルハイム (ヨイク/シンセサイザー) [オープニングアクト] 樫原 聡子 (ハーディングフェーレ) 料金 全席自由 【一般】前売 4,000円 / 当日 4,500円 【学生】前売 2,000円 …

Continue reading 静寂の音 コンサートのお知らせ

秋に向かって

さて、私のこの度のトロールハウゲンでの仕事は9月末で一旦終了することにしました。ベルゲンの観光シーズンは9月ごろでひと段落します。それに合わせて、トロールハウゲンの方でも開館時間をオフシーズンは短くしたり、プログラムをノルウェー人向け、子供向けのものに変えていったりするようです。また来年仕事できることを願って、私の方は一旦終了です。 この夏は、日本から、トロールハウゲンに観光に来られる色んな方にお会いしました。特に、音楽家の方や音楽に興味のある方と話をさせていただくのは楽しかったです。お話をさせていただく中で、音楽以外にも、ノルウェーってこうですよねーとかいう話を逆に聞かせてもらうのも楽しかったのですが、ノルウェー旅行記をご自身のブログに書かれた方がいらっしゃって、トロールハウゲンのことも書いてくださったので、ここにもご紹介します。 グリーグはピアノ小品が多いですが、当時、サロン音楽全盛期としては楽譜が大変よく売れたそうです。技術的に難解でない曲が多いので、現在でもピアノ教室などでも教材として取り上げられる事があったり、と、意外に一般家庭に浸透しているとも言われています。実際、外国からピアノの先生が自分の生徒にグリーグのことを話して聞かせたいといってトロールハウゲンまで来られたりするケースが何件もありました。そんなグリーグだからこそ、トロールハウゲンで働く事は、「点と点を繋ぐような事」というのはシーズンを始める前に言われたことでもあります。ノルウェーの民族音楽が、ノルウェーでもあまり認知されていなかった時代に、ノルウェーサウンドを外国にまで運んだグリーグの業績を今更のようにすごいと考えざるを得ない経験でした。

Griegづくし

前回書いた通り、今年はトロールハウゲンでお仕事させてもらっています。そしてプライベートでもグリーグ。グリーグの楽譜を広げて曲をさらっています。 というのも、今週日曜日の8月19日、また恒例の「My Favorite」でデモンストレーション付きレクチャーがあり、その準備をしているからです。今回もOp.72を取り上げます。どの曲にするかはお楽しみです。 偶然、トロールハウゲンで検索してこのページにたどり着き、さらに偶然、今週末ノルウェーはベルゲンまで旅行に来られるというアナタ!8月19日14:15からトロールハウゲンのオーディオルームでお待ちしています🎶 毎年8月になると恒例のベルゲンフィルによるシーズンオープニングの無料コンサートでもグリーグから始まりました。常任指揮のエドワード・ガートナーは6月のGrieg Minutt for Minuttで「グリーグは、世界レベルではほとんど無視されていると言っても過言ではないほど演奏されないが、ここノルウェーではやや弾かれすぎの傾向がある」という絶妙のコメントを残しましたが、グリーグの作品の3分の2はピアノ曲だそうです。19世紀に流行した家庭サロン音楽の典型ともいわれます。因みにこの日のピアノは、グリーグのピアノコンチェルト、ではなく、ブリテンのピアノコンチェルトでした。(ピアニストはライフ・オヴェ・アンスネスですが、演奏中の撮影ではないので写っていません。悪しからず。)

円を描くように Like drawing a circle

  今年の夏は作曲家グリーグの家トロールハウゲンで仕事をしています。以前にも書きましたが、グリーグはノルウェーの民謡のメロディーを自身の作品に使っています。晩年の作品Op.72ではKnut Dahleのレパートリーがピアノ曲になりました。 私はハーディングフェーレを始める前からグリーグのOp.72について調べていました。これまで何度もそこからのレパートリーを演奏する機会があったにも関わらず、私は案外、グリーグのことを知りませんでした。少しづつ、グリーグと民俗音楽家との関わり、どんなレパートリーを使ったのか、また、その素材となっている曲の”現在”などを調べ始めるととても面白く、まだまだ興味はつきません。それに加えて、グリーグのハーモニーの付け方は、全く古臭くなく洒落ていて、改めてグリーグを聞き直し、見直す機会となりました。 というわけで、何年も経ってからまたグリーグに立ち返っています。5月から9月の毎日、トロールハウゲンではピアノコンサートを行なっています。昨日のピアニストは、グリーグのライフワークとも言える叙情小品集の最初の作品アリエッタ(op.12)と最後の作品、余韻(op.71)を取り上げ「まるで円を描くように仕上げた」と紹介しました。(グリーグは34年かけて、10集66曲に及ぶピアノ小曲集「叙情小品集」を発表した)34年の年月を経て、最初と最後に同じモチーフを扱いながら、別の趣の2曲を作曲したのです。私もまた円を描くように、以前と同じ作品を別の知識と観点で見直して行きたいと思います。 明日はトロールハウゲンのスペシャルセッション「My Favorite」でクヌート・ダーレKnut Dahleについて語ります。面白いのは、急ぎ足の観光客もいれば、のんびりと時間を過ごして行かれる人もいることです。話好きの各国語ガイドが夏のシーズン中は常時待機しています。ベルゲンにお越しの際には、ぜひ、トロールハウゲンに足を伸ばしてください。 I'm working at Troldhaugen, the home for Edvard and Nina Grieg, in this summer. I have been interested in Grieg's op.72 slåtter, even before I started playing the hardingfele by myself. But I think, I was not so keen to learn about Edvard Grieg's life and music …

Continue reading 円を描くように Like drawing a circle

Grieg minutt for minutt

先日の6月15日、私の住むベルゲンでは大変有名な作曲家、エドヴァルド・グリーグの175回目の誕生日を祝うイベントが開かれました。毎年、グリーグの家、トロールハウゲンでは6月15日を祝うのですが、今年は一大イベントとして、彼の作品番号のついて発表された全作品を30時間かけて演奏するという企画を国営放送のNRKと協力して敢行したのです。その名もGrieg minutt for minutt 。Minutt for Mimutt(分刻み)というドキュメンタリー番組のシリーズは実はNRKでは人気のあるシリーズの一つで、例えばベルゲン鉄道をオスローベルゲン間、先頭車両にテレビカメラを積んで7-8時間、景色を映し続ける、というようなことをやっているシリーズです。 さて、Grieg minutt for minuttでは6月15日の夕方5時半からノンストップでコンサートを中継しました。(もちろん公開録画です)会場になったのはトロールハウゲンのコンサートホール、グリーグが実際に住んでいた家の居間、ベルゲン中心地のグリーグホール、国営放送NRKのオスロのスタジオ、その他、合間にはノルウェー、世界各地からお祝いのメッセージを伝えるというものでした。私もベルゲンに住む者として、このイベントに一部参加させてもらえる機会を得て光栄でした。 30時間の様子は今でもインターネット上で見ることができます。少し編集されて、作品番号ごとに整理されているので見やすいかと思いますので興味のある方はどうぞ。 https://tv.nrk.no/serie/grieg-minutt-for-minutt グリーグはノルウェーの民俗音楽から影響を受けた作品をたくさん残したということが知られています。もちろん、彼のインスピレーションの源となったのは豊かな大自然とか、ドイツ風クラシックの伝統というものもありますが、実際に仲間内と出かけた田舎で出会った少女から習った曲だとか、お気に入りのハーディングフェーレプレーヤーとの交友録みたいなものがあったりもします。実際にハーディングフェーレの曲は作曲しなかったものの、そういった経験から、ノルウェー民俗音楽からのエッセンスが満載の作品が残されています。晩年の大作には、Knut Dahleのレパートリーをピアノ曲に仕立てたOp.72 Slåtterがあります。 このGrieg minutt for minuttシリーズではハーディングフェーレが2回登場しました。一度目は有名なペールギュントOp.23、そしてOp.72 slåtterです。演奏を担当したのはHåkon HøgemoとNils Økland。2人とも私の大尊敬するプレーヤーです。 後になって落ち着いて映像を見直して、その演出の面白さを改めて感じています。特に、Op.72の方では、演奏者はシンプルな服装でありながら、聴衆にはなんと80人を超える民族衣装を着た人たち。実はNRKとトロールハウゲンは協力して、この作品の録画に衣装を着て参加してくれる市民を募ったのです。この作品がいかに、「国民的」なものの象徴であるか、そしてグリーグが、その作品を「名もない」民衆の音楽から題材を得て作ったというコンセプトを象徴するような演出だったと思います。あ、ちなみに念のため書いておくと、Op.72の演奏を担当したEinar Steen Nøkleberg (ピアノ)とNils Økland(ハーディングフェーレ)はどちらも大変著名な方で、私が言っているのは「演出が」という意味です。その観点でいうと、Knut Dahle自身もテレマルクの伝統音楽においては決して「名もない」存在ではなかったのですから。(グリーグが1903年に発表したOp.72の前書きにはKnut Dahle のレパートリーから取られたとは書かれず、ただ「テレマルクの年老いた奏者」とだとだけ書かれています。) It was hornour to be able to be at Edvards Grieg's 175 yrears old birthday event "Grieg minutt for minutt". "Grieg minutt for minutt" …

Continue reading Grieg minutt for minutt

ミュージアムに見る歴史的なハーディングフェーレシリーズ 3 Old Hardanger Fiddles at the Museums vol.3

今日は久しぶりに、少し伝統音楽らしい内容のことを書きたいと思います。 シリーズ2ではテレマルクの楽器にフォーカスして写真をまとめてみました。シリーズ3では、ヴォスVossの博物館に所蔵されている楽器をみていきたいと思います。 楽器の変遷を見て行くのはとても興味深く楽しいのですが、実際に演奏する立場としては、往年のプレーヤーがどんな楽器を使っていたのか、というのも気になるところです。ヴォスの博物館にはハルダンゲルやヴォスの古い楽器と共に、歴史的な演奏家、オーラ・モサフィンOla Mosafinn(1828-1912)、シュール・ヘルゲランSjur Helgeland (1858-1924) の所有していた楽器が収蔵展示されています。     上の2本はモサフィンが所有していたものだそうです。左はヴォスの芸術家マグヌス・ダーゲスタ Magnus Dagestadの1900年作、右はグンナル・へランド Gunnar Hellandの1889年作のものです。別のケースにはハルダンゲルで作られたもう少し古い18世紀の楽器もモサフィン所有として展示されていました。19世紀と20世紀にまたがる時代を生きた演奏家、ちょうど楽器もモダンへの移行期だという特徴を見せています。 これは、シュール・ヘルゲランが所有していた楽器の一つです。注目はこの楽器の横に展示されている弓です。現在では、ハーディングフェーレを弾く際にモダンバイオリン弓を用いることが一般的ですが、1850年前後まではこの写真にあるような「弓型」の弓を使うことが一般的だったようです。楽器のモダン化、演奏形態のモダン化が進むにつれて、弓もモダンに次第に変わっていきました。当然、演奏スタイルもまた変わっていったということが言われています。ヘルゲランの場合も、後年のよく見られる写真ではモダンバイオリンの弓を使用しています。こういった古いタイプの弓は近年ブームが再来し、使用するプレーヤーが急増しました。 現在でも楽器の構え方に関しては様々なことが言われていますし、様々な構え方をする人がいます。私個人的には構え方に関しては多くの場合、個人スタイルであることが多いとは思います。とはいうものの、習慣的に、ハーディングフェーレは、鎖骨よりも低い位置で楽器を構える人が多く、現在でもそのような構え方をする人が少なからずいます。また、時代考証といっても古い時代のものを扱う場合、確証を得るのが難しかったりするのでそこにまた大きなハードルがあるというのも事実です。 楽器の構えに関することだけに関わらず、演奏解釈に関しても、歴史的事実のどこを解釈して伝統であると位置付けるかということが重要になってきます。歴史的事実を知ることは本当に興味が尽きません。演奏する場合にはそこから一歩踏み出して取捨選択したり創造したりすることが常に必要です。楽ではありません。 昔の楽器ケース。

現代音楽のフェスBorealis

ちょうどアクティブラーニングのセミナーの直後に、現代音楽フェスティバルがあり、小学校の生徒たちと地元の現代音楽グループBIT20との共同作品というのがあったので行って見ました。数日間に渡るワークショップで子供達が作り上げた20分にも渡る作品を披露するというものでしたが、即興的に作られた断片を組み合わせて一つの作品に仕上げるという手法でした。面白かったのは子供達が弾いていた「楽器」。もちろん、ドラムとかキーボード、ベース。バイオリンといった西洋音楽の楽器もたくさん登場するのですが、iPadとか、ワイングラスとかいうものも登場して始まる前から期待が高まります。作品は、全てが即興であったという訳ではなく、始まりは、ノルウェーでよく知られているフォークソング「Bringebærslåtten」(注:bringebærはラズベリーのこと)に始まり、それにオーバーラップするようにベースでの即興が入り発展して行った感じです。 10人以上の子供たちに対して、教師役(あるいはアーティスト役)の大人(BIT20のメンバー)は2人。先生らしい生徒たちとの会話があったり、そうかと思えば、子供たちと遊んでいるかのような場面があったりと、チームワークを作り上げる術にも長けていました。このBIT20は定期的に地域の小学校に出向いてワークショップを行なっているようです。   https://vimeo.com/130068116   この作品を皮切りに、私の中で、現代音楽フィーバーが起こり、別のコンサートも立て続けに3本見ることにしました。この3本は「Ny kammermusikk 新しい室内楽」と称されたプログラムシリーズだったのですが、中でも印象的だったのはその2本目のカルテット(4重奏)です。カルテットと名乗ってはいるものの、それぞれの奏者は別々の部屋に入り、お互いの姿を直接見ることも聞くこともできない設定になっていますが、マイクを通して、別の奏者が何を弾いているかは聞くことができる状態です。決まっているのはタイミングだけ。どこの部屋の誰が何分ぐらい即興したら、次はどの部屋の誰が弾く、というような順番は指定されてはいるものの、他は何も決まっていないカルテットです。ちなみに、このカルテットはエレキギター、プリペアードピアノ、バスクラリネット、ハーディングフェーレ+ハープシコードで構成されています。 この作品で面白かったのはまずそのコンセプトです。オーディエンスの方もそれぞれの部屋を行ったり来たりしながら作品を楽しむことができるのですが、もちろん、マイクで繋がっているとはいえ、一つの部屋から別の部屋へ移動すると音風景は一変します。それぞれの奏者も、通り一遍のことを演奏はしないので、時に、音楽というよりも「音」とか「物音」と行った風情になります。その状況で一つの部屋から別の部屋へと移動して体験する音世界というのは、まるで実生活で体験する世界観とそっくりなのです。私たちは比較的狭い社会に実存しているものの、SNSやインターネット、テレビ、ラジオを通じて直接体験していない世界中の状況を見たり聞いたりしながら生活しています。時には一つの場所から別の場所へ移動して、別の世界を体験することもあります。そして、移動した先では、同じ音現象がまるで違って聞こえる。さっきまで近くで聞いていた音を単に遠くに聞くこともあるし、場所が変わることによってその音の表情が変わって聞こえることもある。実生活でもそういう体験はありませんか?同じ一つの現象やニュースが場所によって温度差を持って語られたり、感じられたり。1時間にもわたる即興演奏を通じて、頭の中でも目の前の音世界と自分の生きている世界とのシンクロが起こった、面白い体験でした。 http://www.borealisfestival.no/2018/shows/new-chamber-music-stephan-meidells-metrics/ 現代音楽というと、難しい印象がありましたが、大人になればなるほど、この世界観は身近になるような気がします。 下は、今ベルゲン美術館で展覧会を行っている現代芸術家Chiharu Shiota氏の展覧会と、このところ寒くてすっかり凍りついた噴水広場の様子。