ベルゲンへ旅行する人へ vol.2

今日は、ベルゲンの夏の気候と旅行時の持ち物について書きます。

夏の北欧といえば、爽やかに晴れたお天気を想像する人も多いかもしれませんが、ベルゲンはほぼ毎日雨が振ります。というのも、ベルゲンが面している北海には北大西洋海流という暖流が流れていて、海流によって運ばれてくる温かい風がノルウェーの山肌に当たり、街に雨が降るからです。特に夏7-8月がよく雨が振り、そのせいであまり気温も上がりません。

逆にお天気の良い季節はいつかというと、経験では4-5月ごろと9-10月頃です。ではその頃の旅行が最適かというとそれも断言はできません。というのも、美術館や博物館などの観光客を集める施設は夏の間開館時間を長くしてガイドツアーなども積極的に行いますが、9月が終わる頃にはそういったサービスもなくなる為、案外寂しい旅行になってしまう可能性があるからです。

もう一つの北欧の夏の特徴は夜が長い白夜です。ベルゲンの場合は日は沈むのですが、北極圏など北ノルウェーの方ではミッドナイトサンといって一日中陽が沈まない日が続くのです。一番一年の中で日が長いのが6月の夏至の頃です。ノルウェーでは各地で焚き火を焚いてお祝いします。夏至が過ぎても夜は長く、夜は12時近くまで薄明るく、朝は4時頃から徐々に明るくなってきます。

Astrup
NIkolai Asprup

そんな夏のベルゲンですが、気温の方は10度から20度くらいを想定し、北欧諸国の他の都市よりも暖か目の服装を準備した方が良いです。私は毎年、薄手のダウンジャケットが手放せませんし、今年も毎日のように着ています。薄手のウールのセーターやフリースのシャツもとても役に立ちます。20度近くになると涼しめの夏の服装で良いのですが、残念ながら冷夏の今年は10度近辺(下回る日もよくあります)を推移していますので、かなり寒いです。かといって毎年そうかというとそういう訳でもなく、例えば昨年は稀に見る猛暑で30度を超える日が続きました。ノルウェーの家庭にはクーラーがない所も多く、家の中がサウナのようになり寝苦しい夜を数えたことも。

暖かい服装に加えて必需品といえば雨具です。カバンに余裕があればレインコートも欲しい所ですが傘は必需品です。ただ雨が降るだけでなく、海に面しているのでかなり風もきつく、折りたたみの傘は値段に関わらず壊れることもしばしばですので、出来るだけ安物を選びましょう。壊れたら傘は売っています。こんな気候ですので、西ノルウェーに来てからはサンダルというものを買ったことが1度しかありません。(売ってはいるのですが)むしろ、雨靴があると良いくらいです。スニーカーにも防水スプレーを忘れずに。

といっても、夏の雨は降ってもすぐに止んで太陽が見えることもしばしばで、傘とサングラスを交互に使ったりすることも。

この夏の北欧・ベルゲン旅行のご準備の助けになれば幸いです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s